サラ金ブラックリスト徹底解説

サラ金などのブラックリストご存知ですか?

借金返済や金融業者に関わる事故情報とはなんでしょう?借金を消費者金融などでしているとこのようなことについて気になる方も多いでしょう。

関連する用語しては、本ホームページのタイトルにもなっている「ブラックリスト」です。一部のサラ金業者では「ブラックでもOK」などと謳って顧客を集めている場合もあるようです。 しかし、この用語は実際には存在しません。しかし、消費者金融などの借金の返済状況などが登録される機関は存在します。この機関に事故情報として登録されることの俗称として言っているのです。 実際に事故情報という言葉や、信用情報が登録される機関というのは一般にはあまり知られていませんので、実際にこのような問題について説明をするときは「ブラックリスト」と呼ばれることが非常に多くなっています。

*上記説明のとおり正式名称としては存在しませんが、本ホームページでは事故情報として記録されることについての表現として用いています。

借入先をお探しの方はこちらへ



消費者金融などで借金をまったくしたことが無いという方は、少ないと思います。特に自営業の方は生活のためだけではなく事業のためにも借金をしているという場合も多いでしょう。

サラ金というのは良くテレビCMなどでも流れている消費者金融のことを指していますので、消費者金融からの借入経験については無い人は当然いるでしょう。

しかし、消費者金融ではなくとも、銀行などを利用している方も多いでしょう。 たとえば、マイホームを購入するために住宅ローンを銀行で借り入れたり、車を購入するときのローンなどを銀行や信販会社でお金借りた経験などを含めるとなると非常に多くなると思います。





とはいえ消費者金融だろうと銀行だろうと借金をした方が全員が事故情報として載るわけでもありませんし、借金の額が大きければ載る訳でもありませんし、いろいろなところから借金をしていると載る訳でもありません。

借金をして事故情報に載るとどうなるのか?載ってしまうと一生そのままなのか?載ってしまうと一生ローンを組めなくなるのか? などなど身に覚えのある方にとっては心配なことはたくさんあると思います。 本ホームページではそのような方にとって有益な情報をまとめていますので自分の気になる情報をぜひご覧ください。

事故情報の問題については、まったく借金をしないで生活を送ることが難しい現代社会においては、ほとんどの方が気になることだと思います。 しかし、このようないわゆる“ブラックリスト(信用情報)”についてはほとんど一般の方には知られていないのが現状です。 いざ問題が起こってから慌てて情報を探したり、弁護士等の専門家に相談をすることになるのが現実ではないでしょうか。 ぜひとも本ホームページをご覧になっている皆さんには皆さんの生活にも直結する金融機関の事故情報の基礎知識を身に付けて頂けたらと思います。



消費者金融などのブラックリスト(信用情報)について調べていくとその制度・仕組みは当然お金を貸す側のためにあるものではあるのですが、それにより間接的にお金を借りる側にとっても意味・メリットのある制度・仕組みになっていることが分かってきます。 事故情報などの情報に惑わされたり振り回されるのではなく、その制度・仕組みを上手く活用していけるようになりたいものです。



本ホームページでは、消費者金融などで借金をしている方、借金の返済が滞っている方、昔借金があった方が気になる事故情報について解説しています。

本ホームページの情報が少しでも金融機関などの借金でお困りの皆様のお力になれれば幸いです。





相談は誰にする?

・司法書士

司法書士は、弁護士と同じく(一定の制限はあります)裁判所へ提出する書類の作成などが行える国家資格者として借金・消費者金融・事故情報の問題について相談をすることが可能です。 しかし、司法書士の先生方皆さんが借金の問題などを扱っているとも限りません。 司法書士の中には借金・消費者金融・事故情報の業務を扱わず登記業務などを専門的に扱っている場合もあるからです。 司法書士に相談しようと思ったら皆さんがお住まいの地域に設置されている「司法書士会」に電話をして司法書士を紹介してもらうと良いでしょう。

・弁護士

借金・消費者金融・事故情報以外でも、言わずとしれた法律の問題のプロフェッショナルです。 司法書士事務所とは違い借金の問題についての業務もほとんどの事務所が扱っているでしょう。 消費者金融や事故情報の問題でも司法書士とは違い、請求額が大きくなった場合にもすべての裁判所手続きを代理して行うことができる唯一の資格者です。 相談するとしても敷居が高く感じるかもしれませんが、各県ごとに設置されている地域の「弁護士会」などに電話をして借金・事故情報について相談できる弁護士を紹介してもらうと良いでしょう。

・行政書士

弁護士などに比べると知名度は落ちますが、消費者金融や事故情報の問題でも裁判所の関与しない書類の作成や相談はすることが可能です。 ただし、消費者金融や事故情報の問題に関しては裁判所を関与させないまま解決することは困難な場合が多いですし、業者との直接の交渉も行政書士は行うことができません。 事故情報、消費者金融の問題に関しては万能とは言えない面もありますので、行政書士へ相談をするときは事前にあなたの困りごとの相談に乗ってもらえるか問合わせをしておいたほうが良いでしょう。





以上、一般の方が相談をするときの法律の専門職者の紹介をさせて頂きました。それぞれの専門職によって得意とする分野や、業務として対応できる範囲が違うのでそれぞれの困りごとに応じて相談してみてください。 このようなことに関しては、問題が深刻化する前に専門家に相談するなどして早期に対応することが何より大事になってきます。

*上記で紹介している弁護士等の国家資格者であっても事故情報(信用情報)に関する相談には対応してもらえない場合もありますのでご注意ください。

本ホームページに記載されている内容に基づき損害を負った場合も、本ホームページ運営責任者は一切の責任を負いかねます。

借金や消費者金融問題の解決について利用されるときは自己の責任のもとに情報を利用してください。判断に迷うこと消費者金融などへの借金でお困りのことなどについては、弁護士等の専門家に相談されることをお勧めします。


サラ金ブラックリスト.com TOP

借入先の選択肢
基礎知識の紹介
仕組みと影響を知る!
事故情報管理を知る!
あなたの経験談募集中!
御問合せ
運営事務所のご紹介
相互リンク集

金融機関の事故情報とは?

本ホームページでは知っているようで知らない金融機関(消費者金融等)の事故情報についての解説をしています。